続木和子 子宮内膜症改善プログラム 内容 評判

続木和子さんの14日間集中 子宮内膜症改善プログラムを入手して公開していきます。

 

たった14日間で、

 

「子宮内膜症」「卵巣チョコレートのう腫」「子宮腺筋症」から

 

解放されるために必要なことはなんだと思いますか?

 

 

ひどい生理痛から解放

 

生理痛は「あって当たり前」だと思っていたし、

 

生理痛は「終わるまでの我慢だから」と放置していましたけれど…

 

 

毎月、段々痛みが強くなって、
鎮痛剤を飲んでも効かないほどの生理痛の原因は、
「子宮内膜症」かもしれません。

 

子宮内膜症、卵巣チョコレートのう腫、子宮腺筋症などは
「ホルモンバランスの崩れ」が原因です。

 

そして、14日間でホルモンバランスを整え、
子宮内膜症、卵巣チョコレートのう胞、子宮腺筋症の改善を目指すのが

 

ホルモンバランス研究所・続木和子さんの「子宮内膜症改善プログラム」です。

 

※このサイトは「子宮内膜症」の改善プログラムを徹底レビューするサイトです。
続木和子さんの「子宮筋腫」改善プログラムを検討されている方は、こちらのサイトをご覧ください。

 

 

子宮内膜症の症状セルフチェック

あなたに当てはまる項目があるかチェックしてみてくださいね。

生理痛イラスト

生理痛が年々ひどくなってきた
生理のときに飲む鎮痛薬の量がだんだん増えてきた
生理のとき、鎮痛薬を飲んでも痛みがおさまらない
生理のとき、吐き気やめまいがする
生理以外のとき、下腹部に鈍痛がある
セックスのとき奥のほうが痛い
排便のとき肛門の奥が痛い
結婚して2年以上たつが、妊娠しない

 

 

もしひとつでも当てはまる項目があれば
あなたは「子宮内膜症」の可能性があるといいます。

 

つらい生理痛を我慢しないで、早めに改善に取り組んでいきたいですね。

 

すっきり

 

「子宮内膜症」で、毎月絶望的な苦しみに耐えていた女性が
たった14日間で、呪わしいほどの痛みや大量の出血から解放されて、
健康な身体を取り戻した方法があるとしたら・・・

 

あなたには試してみる価値がありますか?

 

 

 

子宮内膜症改善プログラム表紙

ご訪問、ありがとうございます。

 

このサイトでは、子宮内膜症、卵巣チョコレートのう胞、子宮腺筋症に苦しみ
お医者さんにも手術か人工ホルモン剤治療しかない、と言われた女性たちが、
たった14日間、プログラムに取り組むだけで、深刻な症状を大幅に改善できたという

 

続木和子さんの「改訂版・14日間集中!子宮内膜症改善プログラム」を入手して
内容や方法、効果などについて出来るだけ正確にお伝えしていきたいと思います。

 

もし、あなたが

 

・婦人科で内診を受けるのに抵抗がある
・ピルなどの薬物治療を続けていても症状が改善しない
・手術を勧められたけれど、やっぱり怖い

 

とお悩みでしたらこのページをもう少しだけ読み進めてみてくださいね。

 

どうか、あなたのお役に立てますように。

 

 

このサイトだけのプレゼントがあります。

 

★ 特典のお知らせはページの最後にあります ★

 

 

※目次に戻りたい場合は、パソコンやスマホの「戻るボタン」を押してください。

 

 

詳細を確認したい方はこちら⇒ 改訂版・14日間集中!子宮内膜症改善プログラム

 

「14日間集中 子宮内膜症改善プログラム」は、どんなマニュアルなのでしょうか。

 

●子宮内膜症とはこんな病気です。

 

子宮の内側には子宮内膜という組織があります。

 

子宮内膜症とは、この子宮内膜に似た組職が子宮以外の場所(卵巣、腹膜など)にできてしまう病気です。
そして、卵巣内にできたものを「卵巣チョコレートのう胞」と呼びます。

 

これらの組織は、体の中で炎症や痛みの原因となります。

 

子宮内膜症解説図

 

子宮内膜症の自覚症状で最も多いのがつらい生理痛です。
生理の回数を重ねるごとに痛みが強くなっていくのか特徴で、生理のたびに寝込んでしまう人も少なくありません。

 

以前に比べて生理痛がつらくなってきたと感じたら子宮内膜症の疑いがあります。

 

また、子宮内膜症に併せて発症しやすい「子宮腺筋症」は、
子宮内膜が増殖し、子宮内膜の面積が広くなるので出血量が非常に多くなります。

 

レバーのような血のかたまりが出たり、
夜用ナプキンでも1時間もたないという方は「子宮腺筋症」の疑いがあります。

 

 

 

【子宮内膜症改善プログラム 監修者 続木和子さんからのメッセージ】

 

 

 

●「子宮内膜症」の原因は「ホルモンバランスの乱れ」でした。

 

子宮内膜症は、日本の多くの女性たちを悩ませている代表的な婦人病で、
毎月、生理痛の痛みや大量出血に苦しめられている方は本当に多いんですね。

 

それほど患者さんの数が多いのにもかかわらず
日本では決定的な治療法がないと言われていて、
子宮内膜症に対するお医者さんの対応も、人によってバラバラなのが現実です。

 

寝込むほどの生理痛の痛み

 

あなたも婦人科で診察を受けた際に
「子宮内膜症は完治が難しい病気ですから、閉経まで気長に付き合っていきましょう」
などと言われたことはありませんでしたか?

 

だから、多くの方が根本的な治療を受けることなく
鎮痛薬、低用量ピル/EP配合薬、ジエノゲストなど飲み薬、
GnRHアゴニストなどの注射薬や点鼻薬で「薬漬け」の状態になっている現実があります。

 

さらに症状が悪化すれば、手術による療法を勧められた方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

でも欧米では、こうした婦人病が
「食事療法でホルモンバランスを改善する」ことで圧倒的に改善されていくことが、
常識として定着しているというのです。

 

不安と疑問

 

ホルモンバランス研究所の続木和子さんの解説によれば、
ホルモンバランスが崩れることで子宮内膜症が発症し、不妊の確率も高くなります。
(もちろん、子宮内膜症でも自然な妊娠・出産をされる方はいらっしゃいます。
しかし、症状が悪化すると妊娠率に影響することが分かっています)

 

それだけでなく、乳ガン、子宮頸ガン、子宮ガンなどの発症率も高くなります。
(子宮内膜症そのものは生命がおびやかされるような病気ではありませんが、
まれに卵巣のチョコレートのう胞がガンになることかわかっています。

 

このほか、20代、30代の若いうちから「骨粗鬆症」「肌の老化」「尿漏れ」「尿路感染症」など、
女性の健康と美容に大きなトラブルを引き起こしやすくなりますし、
性交痛で、安心して性生活を送れずに悩んでいる方も多いといいます。

 

ホルモン剤

 

プラノバール、ルナベル、ヤーズなどの人工ホルモン剤は深刻な副作用の心配もありますし、
あなたの体内のホルモンバランスを一層崩すものですから、
根本的には子宮内膜症を改善してくれるはずはありません。

 

また、手術で卵巣を摘出したり、内膜だけをこそげ取ったとしても、
根本的にホルモンバランスを改善しない限り、いずれまた、内膜症は再発してしまうんですね。

 

 

●子宮内膜症改善のポイントは「ホルモンバランス」への正しい知識。

 

子宮内膜症は
「ホルモンバランスが崩れて、心身が危険な状態ですよ」という自分の体からの警告のメッセージ。

 

子宮内膜症の症状だけに限らず、ホルモンバランスについてについて正しい知識を持つことが、
女性としての健康を取り戻し、維持していくためのポイントになります。

 

 

 

「14日間集中!子宮内膜症改善プログラム」監修者:続木和子さんのプロフィール

 

続木和子

社団法人 ホルモンバランス研究所所長。

 

日本における「食事療法によるホルモンバランス調整」の第一人者。

 

欧米の最新のホリスティック栄養学をベースに東洋医学的なアプローチも加味して
日本の女性がより美しく、より健康になることを求めて活動。

 

かつて子宮筋腫の摘出手術を受けてしまった経験があり、
その苦い体験をきっかけに「女性とホルモンバランス」の研究を開始した。

 

自然治癒力を高める「ホリスティック栄養学」を中心としたホルモンバランスの研究を30年以上続け、
これまでにセミナーなどを通じて、5,000人以上の女性の子宮筋腫・子宮内膜症など改善してきた実績があります。

 

続木和子著書

 

現在は数多くの講演活動、各種雑誌への掲載・自著の出版など幅広く活動しています。

 

 

詳細を確認したい方はこちら⇒ 改訂版・14日間集中!子宮内膜症改善プログラム

「14日間集中 子宮内膜症改善プログラム」の内容と方法は?

 

●本当にたった14日で楽になるのでしょうか?

 

ホルモン周期

 

なぜこのプログラムが「14日間集中」なのかといえば、
女性の生理に一番関係の深い2つのホルモンの分泌が、
14日間周期で入れ替わるから。

 

続木和子さんの解説によれば、このプログラムを14日間試すと、
もちろん、いきなり「完治」というわけにはいかないものの
最初に迎える生理が格段に軽くなり、症状の改善を実感できるということです。

 

 

●「ホリスティック栄養学」ってどんなものなのでしょう?

 

 

ホリスティック理論

「14日間集中!子宮内膜症改善プログラム」は、
女性ホルモンのバランスを整えて内膜症を改善していくものですが、
そのために用いるのがホリスティック栄養学です。

 

日本ではまだ広く知られていませんが、
欧米でのホルモンバランス研究を取り入れた
最新の理論に基づいています。

 

ちょっと調べてみると、日本でも最近、

NPO法人 日本ホリスティック医学協会
ライフェリーホリスティック協会
日本ホリスティックコンディショニング協会
日本ホリスティックビューティ協会
NPO法人ホリスティックメディカルラボラトリ

といった、ホリスティック理論で健康と美容を守っていこうという団体も
数多く誕生しています。

 

ホリスティック理論による食事

続木さんのノウハウは「栄養学」なので、
食生活の改善が中心になりますが、
ノウハウ全体としては、食生活だけでなく
幅広いアプローチでホルモンバランスに働きかける内容になっています。

 

女性の身体とホルモンの関係を科学的に研究し、
「ホルモンバランス」によって細胞レベルから
子宮内膜症を改善していく方法が説明されています。

 

また食生活の改善とはいっても、
いきなり「ベジタリアン(菜食主義者)になりなさい」というような
極端な食事を強制するものではありませんので、その点は安心です。

 

ホリスティックでは「食材に手をかけすぎることはよくない」とされているので
積極的に「手抜き」することができるのもうれしいですし(笑)

 

家族と一緒に食べることができる食事ですから別メニューを用意する必要もありません。
(家族で食べれば、家族そろって健康になれるかも!)

 

 

「ホリスティック」の語源はギリシャ語のholos=B

 

ホリスティックは「全体」「関連」「つながり」「バランス」といった意味を
すべて含んだ言葉として使われているんです。

 

欧米の先進理論なのですが、どちらかというと東洋医学的な考えに基づいていて
身体の機能だけでなく、精神の状態も含めて健康状態を考えていこうという医学です。

 

健康な笑顔

 

どんなにレントゲンを撮っても写らないために
お医者さんには「異常なし」と告げられてしまう病気や、
「原因がはっきりしないけれどなんとなく調子が悪い」といった症状も
ホリスティック医学が得意とする分野のようです。

 

たしかに、どんなにレントゲンを撮っても、精神状態や自律神経の状態、
ましてやホルモンバランスが映ることはありませんから、
一般のクリニックでは「異常がない」または「治療できない」という扱いにされてしまうのです。

 

ホリスティックが最終的に目指すところは、
薬や手術に頼らずに、人間が本来持っている自然治癒力によって体調を取り戻すこと。

 

自分の力で治すのですから副作用や後遺症の心配も全くありませんよね。

 

「子宮内膜症改善プログラム」はこのホリスティック理論に基づいた栄養学で、
身体の中から自然治癒力を高め、子宮内膜症を自分で治せるようにプログラムされていました。

 

 

●14日間の内容はどうなっているのでしょう。

 

解放感

 

プログラムに取り組む14日間は「知識編」と「実践編」の期間に分かれています。

 

「知識編」がおよそ5日間。
ホルモンに関する知識や子宮内膜症が悪化してしまう原因、
ピルや合成ホルモン療法と子宮内膜症の関係、
また、ホルモンバランスが崩れている事による、子どもや子孫への影響についても分かりやすく解説されています。

 

続く「実践編」はおよそ9日間。
この期間は、子宮内膜症を改善するための食事や生活習慣、
逆に症状を悪化させてしまう生活習慣ついても解説されていますので、
何をして、何をするべきではないのかを、とても具体的に理解することができました。

 

●知識編

 

・子宮内膜症は、大きくなるのはなぜ?
・あなたの子宮内膜症が大きくなった原因を見つめよう
・ピルや合成ホルモン療法をすればするほど子宮内膜症が大きくなるのは?
・手術で筋腫を取っても又、子宮内膜症が出来るのはなぜ?
・子供や孫にどんな影響が出やすいか?
 

●実践編

 
・子宮内膜症を悪化させる食事
・子宮内膜症を改善する食事
・子宮内膜症を改善する生活
・子宮内膜症と精神の健全

 

 

知識編に5日間も割かれていることに、少し「じれったさ」を感じたりもしましたが、
やはりここでしっかり予備知識を身に付けておくことで、
そのあとの「実践編」に取り組む心構えがずいぶん違ってくるのではないかと感じました。

 

子宮内膜症改善レシピ

 

さらに、特典としてつけられている「50個の子宮内膜症改善レシピ」も、
ごく一般的な食材で簡単に作れてしまうものばかりなので、とても役立ってくれそうです。
(レシピは応用が利くものが多く、助かります)

 

「食事療法」なんていうと、
あれを食べてはいけない、これは控えましょうと制限されるばかりで、
我慢ばかりの食生活になることを想像してしまいますが、
続木さんの考え方に限っては、そういう心配は必要ないものでした。

 

また、購入してから14日間、続木さんからサポートメール(応援メール)が届きます。
このメールが、プログラムを続けていくのに役立つ知識を届けてくれるだけでなく
とても続木さんの温かさが伝わってくる内容で、
きちんと14日間取り組んでいこうというモチベーションがグンとアップする、と感じました!

 

 

詳細を確認したい方はこちら⇒ 改訂版・14日間集中!子宮内膜症改善プログラム

 

「14日間集中 子宮内膜症改善プログラム」の評価とホンネの口コミ

 

子宮内膜症、卵巣チョコレートのう胞、子宮腺筋症などを「セルフケア」する
続木和子さんの「14日間集中 子宮内膜症改善プログラム」は、

 

ホルモン剤や手術に頼ることなく、ホルモンバランスを整えることで自らの自然治癒力を高め、
症状を改善するようにプログラムされたものです。

 

働く30代女性

 

そして、ホルモンバランスの崩れを調整するために用いるのが
ホリスティック理論に基づいた「栄養学」です。

 

でも、そんなに効果的な方法ならば、なぜお医者さんは教えてくれないのでしょうか。

 

色々と調べてみると…

 

やはり「ホリスティック理論」は、欧米では女性特有の病気や、視力の回復など
幅広い分野で積極的に取り入れられているのですが、
日本ではまだまだ取り上げられることの少ない学問のようです。

 

日本のお医者さんたちが医学部で学ぶことの多くは、
病気に対する対処療法や病理学、薬理学、そして手術の方法などです。

 

一方で、生活習慣や食生活を改善することで自然治癒力を高めようという
栄養学や予防医学については学ぶ機会も少なく、
専門のお医者さんが少ないのも日本の医学界の現状のようです。

 

摘出手術

 

ですから、女性の身体にまつわる症状を診断した場合も、
・手術によって「患部を取り出してしまう」
・ホルモン剤などの化学的な療法で「今起きている症状を抑えこむ」
といった治療法しか提案していただけないんですね。

 

どんなに患部を取り去っても、どんなに今ある症状を抑えこんでも、
「ホルモンバランスの乱れ」という本当の原因を解決しない限りは完治は不可能ですし、
一時的によくなったとしてもいずれ再発する不安はぬぐえません。

 

また、こうした女性特有の病気は、高血圧や糖尿病などの生活習慣病と並んで
「完治は難しいのでうまく病気と付き合っていきましょう」といわれてしまう病気です。

 

それは、医薬品業界にとっては、高価な薬を長く使い続けてくれる「お得意様」であることを意味していて
そのことも「完治を目指さない治療」の一因だといわれているようです。

 

 

【子宮内膜症改善プログラムのメリット】

 

■ 身体に安全なプログラムです。

 

安心

続木和子さんの「14日間集中 子宮内膜症改善プログラム」の方法は、
自分が本来持っている自然治癒力を引き出し、
ホルモンバランスを整えて症状の改善を図ります。

 

お医者さんで処方される合成ホルモン剤も、
ホルモンバランスを変化させるという点では同じ効果を狙ったものですが、

 

なぜホルモンのバランスが崩れているのか本質的な原因は解決できませんので、
あくまでも効果は一時的なものになります。

 

ホルモン剤の効き目を途切れさせないために
一生を薬をやめられない生活を送ることになります。

 

このことは、常に糖尿病、ムーンフェイスなど全身のむくみ、肥満、頻尿、生理不順など
副作用の危険と隣り合わせでいることになります。

 

(一般的に「子宮内膜症」などは閉経までと言われていますが、
環境ホルモンにあふれた現代では、閉経後もツラい症状が続くケースが多くなっているそうです)

 

このプログラムは薬物や器具などを一切使わない方法ですから
身体にとって負担や危険がなく、副作用の心配もないのは安心ですね。

 

 

■ 健康と美容の全般に効果が期待できます。

 

女性が抱えている心身の不調や、美容上のトラブルの原因は
ほとんどがホルモンバランスの乱れにあるといいます。

 

ですから、ホルモンのバランスを整えることができれば、
子宮内膜症の改善だけでなく、体と心の不調の大半を改善することが期待できるんですね。

 

プログラム内の記述によれば、

 

健康な女性

・冷え症
・便秘や痔
・生理時の大量出血
・生理不順
・PMSの不調(だるい、動けない、むくみなど)
・イライラや落ち込みなどの精神の不安定
・肌や髪のくすみ
・体重の増加

 

などの改善が期待できるということです。

 

■ 効果を実感している女性が多いプログラム(モニター結果)

 

続木さんは、
この「子宮内膜症改善プログラム」と「子宮筋腫改善講座」の2つのマニュアルについて、
一般販売の前に50人のモニターに試してもらい、効果を測定したそうです。

 

モニター結果

モニターからの報告では

 

46人…「効果があった」
1人…「症状が軽くなった気がする」
3人…「あまり効果を感じなかった」

 

という結果になったそうです。

 

効果があったという方の多くが、プログラムに取り組んで最初の生理で変化を実感し、
2回目の生理でほとんどの方が痛みや出血などが大幅に減ったと回答したということです。

 

 

【子宮内膜症改善プログラムのデメリット】

 

■ 食生活の改善が必要

 

ホリスティック理論に基づいた食事が、内膜症改善の中心となりますので
ホルモンバランスを整えるための食生活のひと工夫が必要になります。

 

「ある食材」をできるだけ食べることも勧められています。

 

食生活の改善

 

でも、この食事法は特別な食材を必要としませんし、高価な材料もいりません。

 

ホリスティック栄養学では、食材にあまり手を加えてはいけないとされていますので
「こんなに簡単でいいの?」と思える料理法がほとんどです。

 

家族と別メニューにする必要もほとんどありませんし
特典として続木さんが考案した50種類のレシピ集も用意されていますから、
毎日の食卓に迷うことなく取り入れることができると感じました。

 

 

詳細を確認したい方はこちら⇒ 改訂版・14日間集中!子宮内膜症改善プログラム

 

当サイトの特典付きのお申し込みはこちらから

 

このページ経由で「14日間集中 子宮内膜症改善プログラム」をお申し込みの方だけに

 

特別なプレゼントをご用意させていただきました。

 

 

特典セットの内容、特典のお受け取り方法はこちらでご確認下さい。

 

特別プレゼントを確認する

 

 

お申し込みはこちらのボタンから公式サイトへ

 

14日間で子宮内膜症を改善する

 

 

【医療広告ガイドライン】
医療関連商品につきまして、その病気(症状)が「完治する」「克服できる」といった表現が多く見受けられますが、病気には様々な症状・病状があり、効果には個人差があります。また「100%」「確実に」といった表現も「薬機法」に抵触するものとなります。
私たちはこのサイトに訪れた方に誤解を与えるような「誇大表現」は排除し、医療広告ガイドラインに則り、真実を述べるよう配慮しています。

ご購入者様の感想レポートやご購入前のご質問等はこちらからお送りください。

 感想リポート・ご質問投稿フォーム

●通常3営業日以内にご連絡いたしますが、内容によってはお時間をいただく場合がございます。
●ノウハウの中の秘匿性の高い内容などについては、販売者の意向により一部お応えいたしかねます。
●ご購入後の不具合、返品、返金などの連絡は当方では対応出来ません。販売者へ直接お願いいたします。
●ご記入いただいた個人情報は、米国シマンテック社のSSL技術で暗号化され、完全に安全に処理されます。

 

サイト登録宣伝無料AUL

page top